1. HOME
  2. 会社案内
  3. 沿革

COMPANY

会社案内

沿革

OUTLINE

1983年 2月 きゅうりの曲に興味を持ち製品開発研究に着手。
1985年 4月 きゅうり矯正器具「スマート」完成。全国販売開始。日本経済新聞、日本農業新聞等に記事掲載、及び日本テレビ、テレビ朝日等に放映され全国的に広報される。
1988年 9月 ナスニックス株式会社を設立(資本金:1,000万円/代表取締役:那須野泰弘)
1989年 9月 ハウス園芸の誘引作業を軽減する「つりっ子」の生産開始。全国的にその拡販を狙う(特許申請昭和61年)。農業分野の水耕栽培に着目し、消毒及び育成促進に役立つオゾン発生装置の開発に着手。家庭用小型オゾン発生装置「オゾンパワー」を開発、量産化を図る。
1990年 6月 NHKテレビ「845情報」で「スマート」「つりっ子」を放映、全国的反響を得る。農業資材・機器の販売部門の強化を図る。
1991年 11月 トマト・ナス用接ぎ木ホルダー「スーパーウィズ」発売。オゾン水との伴用で作業能率と活着率を驚くほど高め、業界の注目を集める。
1992年 5月 育苗・接ぎ木用連結ポット「ウィズトレー」同専用倍土「ウィズマット」ポット移植、ベット定植穴開け器具「トレイホールズ」を続けて発売。育苗生産用具シリーズと呼ばれ、評判になる。更に、ウリ科の接ぎ木ホルダー「スーパーアイドル」を発売。各マスコミからアイデアメーカー、ベンチャー企業等の異名を取る。
1993年 7月 定植用穴開け器具「定植ホールズ」発売。全国の農家で好評を得る。
1994年 9月 誰が切っても接ぎ木に最適と言われる30度に苗を切る事が出来る「ウィズカッター」を開発、発売。
1996年 11月 接ぎ木ホルダー「スーパーウィズ」「スーパーアイドル」をリニューアル。更に、サイズを増やし、接ぎ木苗の広範囲に渡る対応の充足を図る。
1998年 4月 トマトUターン栽培誘引具「U子」を発売。全国販売展開を図る。トマトを直立に栽培する発明の転換商品と注目を集める。「撒子」を開発、生産開始。
2000年 12月 苗の倒れ防止用の「たちんぼ」を商品化、「たちんぼ T-100、T5-170、T5-240」発売。
2002年 3月 Uターン栽培誘引具「U子」の補助資材として「つりっ子ネット」「ネットフック」を発売。更に、3ヶ所同時灌水器具「撒子」を発売。
2003年 4月 ハウス内の湿気を逃がし、梅雨時期でも快適な環境を保ち生育が良い「換気名人」を発売。農業新聞等に掲載された途端に全国から問い合わせが殺到、注目を集める。5月より全国販売展開を開始した。
2004年 1月 軒高ハウス用誘引具 「つりっ子ハンガー」を発売。
2004年 1月 低コストで確実な固定を実現した誘引具 「とめっ子」を発売。
2005年 1月 Uターン栽培用誘引具 「U子Ⅱ」を発売。
2005年 9月 たちんぼの長さを延長できる 「たちんぼステイック210」を発売。
2009年 1月 低コストで上下どちらからでも挿入可能な接ぎ木クリップ「絆 15号・18号・24号」を発売。
2010年 8月 紐を掴む箇所を広げた とめっ子シリーズ商品「とめっ子Ⅱ」を発売。
2011年 1月 キュウリ栽培用 側枝誘引クリップ「さやか」を発売。
2014年 1月 「絆 21号」を発売。
2016年 1月 低コスト接ぎ木クリップ「スーパーフィット15号・18号」を発売。
2017年 3月 太い茎にも対応できる誘引具「つりっ子L24」を発売。
誘引紐吊り下げ用金具「クリップフック」を発売。
2021年 5月 那須野繁教が代表取締役に就任。
12月 資本金5,000万円に増資。
2022年 4月 取付け取外し楽々ワンタッチ・支柱誘引クリップ『はぐっ子』開発、特許取得。